せどり

初心者がAmazonから真贋調査が来たときに読む記事【対処方法】

ラクぞう
Amazonからの真贋調査が来てしまったけど、どのように対応したらいいかわからないよ~

 

せどりの販売経路の1つとして、Amazonからの販売があります。

 

そのAmazonには、真贋調査といわれる独自の抜き打ち調査が存在します。

 

この調査は、一発でアカウントを利用できなくされてしまう恐怖の制度です。

 

恐怖の理由としては

  • 真贋調査とは何かがわからない
  • なぜ真贋調査がくるのか、わかっていない
  • 真贋調査がきた時の対応方法がわからない

このように、わからないことが多くて不安が大きく、恐怖に繋がってしまいます。

 

その恐怖の制度に対応する為に、

この記事では

Amazonの真贋調査を理解でき、その対処方法

を解説します。

この記事を読み終えた時には、真贋調査に対する不安を無くなっているはずです。

 

Amazonの真贋調査とは何?

真贋調査とは

Amazonの真贋調査とは、

「お前、偽物売ってるんじゃないだろうな!!本物って証明できるまで販売するの中止な!」

というAmazonからの抜き打ち調査です。

 

この抜き打ち調査を通過することが出来ないと、最悪の場合アカウントが閉鎖されてしまいます。

 

真贋調査にいくつか種類が存在し、いくつかの種類の真贋調査が存在します。

 

そのすべての真贋調査が、アカウント閉鎖のリスクが高いわけではありません。

しっかりと謝ることで許してもらえる真贋調査も存在します。

 

真贋調査の中でも、アカウント閉鎖リスクのある真贋調査はしっかり対策していく必要があります。

 

全ての真贋調査を恐れるのではなく、本当にリスクがあり、怖いもののみ適切に対応していきましょう。

 

Amazonから真贋調査を受けた原因は?

Amazonから真贋調査がくる原因は3つ存在します。

  • 購入者からのクレーム
  • メーカーからのクレーム
  • ランダムでピックアップされる

 

購入者からのクレーム

問題のある商品を出品して、購入者からAmazonにクレームが入ると

「この出品者は大丈夫か?」

とAmazonから調査が入ります。

この調査は、しっかりと謝罪をすることで問題を解決できる調査です。

 

メーカーからのクレーム

転売を嫌うメーカーから、この販売業者には、販売を許可してないということをAmazon側へ訴えられるパターンです。

この真贋調査が最もケースとして多いです。

しかしこの調査の危険度は、そこまで高くありません。

しっかり謝罪することで解決する出来ることが多いです。

 

ランダムでピックアップされる

このランダムでピックアップされる真贋調査が3種類の中でもっとも、危険度が高い調査になります。

 

これは文字通りランダムで選ばれた商品から、ランダムで調査が入るパターンです。

 

ランダムで調査が入るといっても一定の法則があります。

その法則とは

  • アカウントが開設されてから半年から1年の若いアカウント
  • 有名メーカーの商品を出品する

この2つでランダムでピックアップされる対象になる可能性が高まります。

 

このランダムでピックアップされる調査は、しっかりした根拠があり、論理をしっかりしていないとアカウントの閉鎖へとつながります。

 

真贋調査でやってはいけないこと(詰みます)

真贋調査 詰み

もしあなたに真贋調査が来た場合、絶対にやってはいけないことがあります。

注意

  • 適当に返信しない
  • 証拠を偽造、捏造する

 

真贋調査は対応を間違えるとアカウントが閉鎖されてしまいます。

アカウントが閉鎖されてしまうと、それまでの売上金が振り込まれないままになってしまいます。

そうなると仕入れた金額が払えず、最悪の結果になります。

 

適当に返信しない

真贋調査は基本メールのやりとりになります。

しかしこの時、注意しないといけないのが、無闇に返信をしないということです。

 

理由は、このメールのやりとりには回数制限があると言われています。

 

真贋調査はビジネスメールのやりとりになります。

 

Amazon側から聞かれていることに対して答えず、ごめんなさいのメールしか来なかったら

「こいつ大丈夫か?」

とあなたでもなりますよね?

 

何を聞いても謝罪しかない返答に、Amazon側も時間を多くかけることはできないのです。

そのため、メールへの返信は慎重に、聞かれている内容に正確に答えましょう。

 

証拠を偽造、捏造する

Amazonが真贋調査をする場合、

  • あなたが取り扱っている商品が本物ですか?
  • 許可をもらって販売していますか?

と聞かれることが多いです。

 

そして、本物である証拠を提示してくださいと言われます。

 

その証拠として使われる書類として、

  • 領収書
  • 納品書など

があります。

 

この書類を偽造することは100%ダメです。

現在でも資料作成代行業者と名乗る怪しい業者が存在します。

 

しかしそのような偽造の文章では100% 審査を通ることが出来ません。

 

偽造していない間違った書類を送っても、

「ごめんなさい、間違えました」

で許してもらえます。

 

しかし偽造文章は、悪意ある業者と認識されて完全にアウトです。

そのような業者に頼らないようにしましょう。

 

真贋調査への対処方法を解説します

真贋調査の対処方法として

ポイント

  • 絶対、謝罪が必要なわけではない
  • 要求されている証拠を提示する
  • 論理をしっかり立て、証明する

 

絶対、謝罪が必要なわけではない

まず真贋調査がくると、謝罪から入る人が多いです。

しかし絶対に謝罪が必要なわけではありません。

 

そもそもAmazonの真贋調査は、あなたが正しい商品を出品していない可能性があるから調査をしているわけです。

 

そのような状況で、「申し訳ございません」と謝罪から入ってしまったらどう思うでしょうか?

 

「こいつやっぱり悪いことしていたのか」とAmazonに思われてしまっても仕方ありません。

 

自分が悪いと思う箇所については、もちろん謝罪が必要です。

しかしすべてに謝罪していく必要はありません。

 

要求されている証拠を提示する

Amazonから真贋調査を受ける場合、Amazonから必ず証拠を求められます。

例としては、

  • 契約書
  • 納品書
  • 領収書

などが多いです。

 

どの書類が欲しいか、しっかり明記されていることが多いのでちゃんと確認しましょう。

 

ここで求めらている証拠を提示出来ないと審査を通過する可能が限りなく0%になります。

なので日々の仕入れで領収書、納品書は保存しておきましょう。

 

注意ポイント

  • 仕入をした商品の領収書や納品書はしっかり保管しておこう

 

論理をしっかり立て、証明する

難しく考える必要はありません。大切なのは、

ポイント

  • 相手にわかるように文章を書くこと

 

聞かれていることに対して、しっかり説明し、不明確な表現をさけることです。

 

Amazonは、あなたが作った文章に足し算も引き算もしません。

 

あなたが作った文章をそのまま理解します。

 

単純に求めらている証拠を添付してメールするだけでは、

「この文章ではわかりません」と返答がくるだけです。

 

なので、この商品の証拠はこの納品書です。と相手が明確にわかるように書きましょう。

 

まとめ:安心してください。大丈夫です

真贋調査は、あくまで調査です。

 

正規品を出品している事実を証明できればほとんどの場合問題なく解決します。

 

商品のカタログを間違えて出品したり、誤った状態を記載したりなど不備があると調査が入ります。

 

正規品を正しく取り扱うように心がけ、領収書、納品書をしっかり保管しておけば、Amazonからの調査に対する要求にこたえることが出来ます。

 

もしAmazonの販売で不安がある方は当オンラインサロンでは、Amazon販売専用のページも存在します。

 

そこで詳しく相談して頂ければ、回答をしてくれる人もいますので、興味がある方は是非ご参加ください。